メッセージ

voices from members

順天堂大学医学部附属ロゴ.png

非常勤助手

中尾 多佳子

大阪医科大学卒業

医局選びは専門医取得への重要な選択

形成外科2年目の中尾と申します。現在、本院で勤務させて頂いております。出身大学は大阪医科大学ですが、臨床研修は順天堂大学病院で行いました。形成外科医として1年間他病院で研鑽を積んだ後、今の医局に入局しております。


形成外科は外傷、先天性疾患、良性腫瘍、悪性腫瘍等…多岐にわたる疾患を扱い、さらに他科と比べ整容面を重視する科であるため、論文、その他参考資料のみでの勉強が難しく、実際に多くの症例を経験、執刀することによって知識が深まり、技能が磨かれる領域であると思っております。また、病院によっても集まる疾患や症例は異なり、2年目となってもまだ経験できていない疾患も多く存在するため、医局選びは専門医を取得する上で重要な選択であると考えます。


順天堂形成外科では、満遍なく幅広い症例を経験することができ、指導の下、若手医師も多くの症例を経験できるので学べる環境であります。
私自身、これから多くの疾患を幅広く学び、形成外科医として成長して参りたいと思っております。入局を検討されている方は、是非一度見学にいらして下さい。

順天堂医院形成外科 中尾多佳子