教育・学習環境

information

_S2A0187.jpg

「三無主義」(学閥なし、男女差なし、国籍の差なし)

「三無主義」(学閥なし、男女差なし、国籍の差なし)を掲げ、やる気のある者であれば誰でも平等に機会が与えられる風土があります。

豊富な症例数、各種サブスペシャリティーの専門医をもつ指導医により、特定の専門分野に偏ることなくバランスのよい経験を積むことができます。診療科内カンファランス、他科との合同カンファランスでは上級医だけでなく同僚や後輩の考え、他科の考えを聞く場として積極的に意見を述べ合い、具体的な治療方法や管理方法を自ら考えていくことができるよう努めています。

またリサーチマインドを養成するための学術研究活動(学会発表や論文作成)も積極的に行っています。