メッセージ

voices from members

助手

平井 春那

帝京大学卒業

執刀の機会も多く、幅広い症例を学べる

入局一年目の平井春那と申します。病床数約500床の市中病院に常勤として出向しており、本院へは週に1度カンファレンスや回診に参加させて頂いております。出身研修共に順天堂大学ではありませんが、若手の先生も多く、執刀の機会が頂けること、幅広い症例を学ぶことができることから入局を決めました。

 

現在勤務している病院では月、金曜日の午後に自分の外来枠があるため、患者さんがはじめて来院した日から入院、手術、退院して外来に戻るまでの流れをすべて担当させて頂けることもあり、とても勉強になります。形成外科の常勤は順天堂大学の清水梓先生と私の2人という体制で不安もありましたが、人数が少ないからこそ手術の際に丁寧に指導して頂いたり患者さんのことを密に相談しながら診療にあたることができ日々本当に沢山のことを勉強させて頂いております。本院の先生方との交流もありますので、手術のテクニックや疾患に関する知識を様々な先生に教えて頂くことも可能です。

 

私はまだ入局して半年ですが、順天堂大学では本院以外の勤務でも様々なことを学べる環境が整っていると思いますので入局を検討されている方は是非一度病院見学にいらしてください。

_S2A6310.jpg