メッセージ

voices from members

_S2A5789.jpg

助手

溝渕 亮

順天堂大学卒業

アドバイスやフィードバックが充実

私は順天堂大学医学部を卒業した後、内部で研修医として2年間働いた後当科に入局致しました。

研修医の時は他の外科系志望でしたが、形成外科を回ってから科としての多様性・専門性の高さに魅力を感じ入局を決めました。

現在は本院で助手として手術、救急外来、病棟業務に携わっております。

 

当科では小児の母斑・奇形から褥瘡、下腿難治性潰瘍、腫瘍切除後の再建術など、非常に多岐にわたる症例に対する治療介入を行なっております。日々上級医の先生方からご指導を頂くことができるので、幅広く知識を得ることができるのが魅力の一つだと思います。

また他の病院と比べても症例数が多いので、入局してすぐに執刀する機会を頂けることが多いです。自分でデザイン・手術計画を考えた上でアドバイス、フィードバックを頂く環境がしっかりできているので手技の面での上達もスムーズに行えるのではないかと思います。

それらは質問しやすい医局の和やかな雰囲気が地盤にあるからだと、感じています。

 

入局を検討されている先生方は、是非病院見学、説明会にお越し頂けると幸いです。病院でお会いできることを楽しみにしております。

順天堂医院 形成外科